しらべぶ

気になったニュースを調べてシェアするしらべぶ

*

アメマバッチが超プレミア!しくじり先生で間寛平が紹介した借金の原因が

その人の良さから

1億円もの借金

を抱えてしまった間寛平。

1億円の借金って相当つらいことなのに、
間寛平がおもしろおかしく話すので、
しくじり先生を笑いながら見てしまいました。

番組の中で借金の原因の
一つとなったものとして
紹介されたアメマバッチですが、
何と今はプレミアがついて超高値で販売されているのです。

果たしてアメマバッチはいくらで販売されているのでしょうか?

Sponsored Link

間寛平の借金の原因、アメマバッチが・・・

しくじり先生を見ていなかった人の為に、
アメマバッチとは何かをまずご説明しますね。

間寛平のギャグの一つには

アメマ!

というものがありました。

このギャグが大ヒットした為、
間寛平が出演する番組で
イメージキャラクター

アメママン

を製作します。

間寛平は何を思ったのか、
アメママンが売れると期待し、
キャラクターグッズとして、

アメマバッチを10万個

発注してしまいます。

ところが、
アメママンをフィーチャーしていた
番組はたった3週間で打ち切られてしまいます。

アメマバッチの原価は630円。

間寛平はそれを1500円で売って、
それまでの自身の借金を返そうと計画していたのです。

それにしてもアメマバッチの原価の630円というのも結構高いですよね。

中にICチップが入っているとのことで、
その値段での製造となったのですが、
実際には中にICチップなんて入っていなかったのだとか。

それって、
製造業者からも詐欺被害にあってるっていうことですね。

間寛平はお人よしなのがいいところですが、
これはちょっと痛かったですね。

間寛平は
アメマバッチが売れると思い込んでいたので、
何と10万個も発注してしまっていました。

しかし、
前述したようにアメママンを
フィーチャーした番組は
何と3週間で打ち切りに・・・。

当然、大量のアメマバッチの大量の在庫と約6000万円の借金が残ってしまったのです。

このアメマバッチの件では、
制作会社に6000万円の制作費が
払えなかったため、

間寛平は訴えられたりもしています(通称アメマ裁判)

アメマバッチは結局全然売れなかったので、

『いつみても平平凡凡』、『痛快!明石家電視台』、
『進め!クリフハンガー冒険隊』

といった番組では観客に無料でプレゼントされています。

売れなかったアメマバッチにプレミアがつき今では・・・

色々な騒動を巻き起こしたアメマバッチですが、
何とまではプレミアがつき、何と1万5千円で販売されています。

プレミア価格ということなので、
オークション等に出品されているということですね。

全く売れなかったがゆえに、
逆にプレミアがついて高級品となったアメマバッチ。

間寛平は複雑な気持ちでしょうね。

でも、僕も欲しいなぁ、アメマバッチ。

元の値段の1500円なら買うことを考えてもいいんですけどねー。

 

 - ニュース