しらべぶ

気になったニュースを調べてシェアするしらべぶ

*

竹田圭吾のプロフィールと仕事 すい臓がんになっても最後まで

2016年1月10日、
ジャーナリストの竹田圭吾さんが永眠しました。

51歳でした。

とくダネ!やMr.サンデーなどの
ワイドショー的な番組に出演しながらも、
全身から知性がにじみ出ていたような竹田圭吾。

今回は彼のプロフィールをご紹介します。

Sponsored Link

竹田圭吾のプロフィール

竹田圭吾さんは東京都生まれで芝中学・
高等学校を卒業しています。

その後、慶応義塾大学のに進学しています。

竹田圭吾のプロフィール:意外にも史学科を卒業

ジャーナリストとして
活躍していた竹田圭吾さんですが、
出ている学科は意外にも史学科なんです。

僕は国際政治学だとか
経済学だとかを専攻していたのかと思っていました。

でも、現在の情勢を読むのに歴史的な知見は不可欠。

史学科で培った、
歴史の知識が竹田圭吾さんのコメントに深さを与えていたのだと思います。

竹田圭吾のプロフィール:Newsweekの編集長に

慶應義塾大学卒業後は、
スポーツ雑誌の記者を経て、
1993年に『ニューズウィーク日本語版』の編集部に入ります。

1998年には
副編集長になっているので、
異例の出世スピードですね。

その後も竹田圭吾さんは更に出世し、
2001年から2010年の間は

『ニューズウィーク日本語版』の編集長

を務めました。

僕が竹田圭吾さんをとくダネ!で見るようになったのもこの頃でしたね。

とくダネ!は
どちらかと言うと
ゆるい作りのワイドショーですが、

竹田圭吾さんの
時勢を見抜く力には
感嘆させられた思い出があります。

とくダネ!の他のコメンテーターには
怪しい人、ゆるい人も多いのですが、
竹田圭吾さんが出演している時には安心して見ることができました。

2010年に
『ニューズウィーク日本語版』の編集長を辞めてからは、

竹田圭吾さんはフリーランスとして活躍するようになります。

主にテレビ番組のコメンテーターとして
活躍をしていましたが、

2010年には東京都中央区の教育委員を務めました。

竹田圭吾のプロフィール:体調を崩すがカツラをかぶっても仕事をした

その後一時期、
体調不良を理由に仕事を休んでいたのですが、
後に今までレギュラーだったテレビ番組にも復帰。

この頃から、
Twitterでの発言も多数行うようになります。

体調不良から復帰した竹田圭吾さんですが、
2015年の9月27日には、
コメンテーターとして出演するMr.サンデーの中で、

自分ががん治療中で、
かつらを着用していることを告白しました。

かつらについては、
Twitterでもかつらを購入したことをつぶやいていました。

同じがんに苦しむ人を勇気付けるための発言だったのかもしれませんね。

武田圭吾さんはTVでは
切れ味ある解説をする方でしたが、
Twitterでのヘンテコな意見に対しては、

バーカ、バーカ

というリプライをするような、
お茶目な一面も持った方でした。

劇的に痩せてしまっていて、
体調が気になるところだったのですが、
竹田圭吾さんは51歳という若さでこの世を去られてしまいました。

竹田圭吾さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 - 人を調べる