しらべぶ

気になったニュースを調べてシェアするしらべぶ

*

大仁田厚が本当の引退報告!引退試合はやっぱりあのデスマッチ!

大仁田厚が本当の引退報告!もう60歳だったんだな…
2017年の2月1日、
ついにあの大仁田厚が、
本当の引退報告をしました。

1990年代の大仁田厚って、
本当に人気があったんですよ。

有吉弘行も大ファンだったそうで。

そんな大仁田厚も、もうすぐ60歳。

昔の感覚で言えば、
完全におじいちゃんですもんね。

実は過去に15回も、
引退報告をしている大仁田厚ですが、
今回は本当の本当になりそう。

ということで、
今回は大仁田の引退についてです!

Sponsored Link

大仁田の引退報告15回は、それ自体が凄い!

大仁田厚のデビューは1974年。

この記事を読んでくれてる人の、
ほとんどが生まれる前だと思います。

1973年には、
日本一周徒歩旅行に挑んでたらしいです。
まぁ、途中で断念してるんですけどね。

1974年に新日本プロレスからデビューしたのは、
ジャイアント馬場に憧れたから。

1981年には、
海外修行に出ています。

プエルトリコとか、
アメリカとかでプロレスやってたんです。

そのわりには、
スペイン語や英語が出来るって話は聞きませんが。

アメリカでは、

ミスター・オーニタ

という名前でリングに立ってました。

日本に戻ってからは、
  • ジャイアント馬場
  • ジャンボ鶴田
  • 天龍源一郎
に次ぐ、

全日第四の男

として注目されます。

ですが、1984年12月2日に、

マイティ井上との引退をかけた戦い

をするも敗れてしまい、

大仁田厚は、

一度目の引退報告

をすることになります。

ただ90年代には、
自身で設立したFMWで活躍し、
一部のプロレスファンからは、

熱狂的な支持

を得ることになります。

電流爆破マッチ

とか、
放送コードに完全に引っかかることやってましたからね。

有吉弘行がファンだったのも、この頃ですね。

その後、

大仁田厚は引退報告

を乱発するようになるんですが、
そこはプロレス。

結局、不死鳥のように何度もよみがえります。

Sponsored Link

今度こそ大仁田厚の引退報告はマジになりそう…

でもでも今回の大仁田の引退は、
いよいよマジになりそうですよ。

なぜか大仁田は、

デイリースポーツ

を訪れ、
自ら引退報告をしたそうです。

編集部の人から、

またお待ちしてますよ

と言われても、

本当に今回でやめます

と言ったのだとか。

さすがに60歳ともなると、
プロレスはきついんでしょうね。

とはいえ、

引退試合

はまだまだ先。

2017年の12月頃

になるようです。

やっぱり、

電流爆破マッチ

で行うんだとか。

60歳の大仁田厚の電流爆破、
今から楽しみです。

大仁田厚は引退しますが、

グレート・ニタ

の復活が今から楽しみです。

さて、
大仁田厚は引退報告話ついでに、
おすすめの無料本を紹介させてください。

時給700円の大学生が、
どのように金持ちになったのかを書いた本です。

Amazon総合ランキング1位!

☆4.5の評価を得てます♪

通常1,000円が今だけ無料ですよ^^

興味があれば、
下からダウンロードをどうぞ!

自由な人生を手に入れる教科書

 - ニュース