しらべぶ

気になったニュースを調べてシェアするしらべぶ

*

末松則子市長が給食中止を撤回へ!教育委員会のせいとかなめてんの!?

給食中止が発表されてた

鈴鹿市の末松則子市長が、
撤回宣言をしましたね。

給食中止という
アホみたいな行為が、
見直されたのは良いこと。

野菜が高くなったからって、
給食すら出せないなんて、
発展途上国じゃねーんだぞって話ですから。

野菜が使えないなら、
肉とか魚とか使えばいいじゃん。

末松則子市長の撤回により、

一件落着

と思ったけど、
他人のせいにする態度がひどくない?

ってことで、
末松則子市長についでです!

Sponsored Link

鈴鹿市の末松則子市長でしょ!?

鈴鹿市の財政について、
僕は詳しくありませんよ。

もしかすると夕張市みたいに、

財政破綻寸前

なのかもしれない。

でもですね、
公立小学校の給食費なんて、
一番削っちゃいけないとこだと思う。

削るんなら大人のための予算を削ればいいんです。

高齢者向けの医療費とかね。

そりゃー、大人は大変になるけど、
下の世代のためにはつらいことを耐えるのが大人です。

日本中から批判の声を浴びて、
末松則子市長が給食中止を宣言したこと事態は偉い。

でもね、
末松則子市長の言い訳の、

まったく相談を受けていなかった

っていうのは酷すぎる。

本人が言うんだし、
相談がなかったのは事実でしょう。

でも下の人間のせいにして、
自分に責任はないみたいなこと、
市のトップが言うべきじゃないでしょ。

言い訳なんてせずに、
末松則子市長はただ謝ればいいんですよ。

国中から批判を浴びてる中で、
部下のせいでしたって発言は、
更なる批判を招くだけです。

Sponsored Link

末松則子市長にはプロフィールに書いてるメッセージどおりに働いてほしい

さて、
末松則子市長はプロフィールに、
素敵なことを書いていらっしゃいます。

今、地方は少子高齢・人口減少をむかえる中で右肩上がりの経済成長の時代から精神的豊かさ生活の質の向上を重視する成熟社会へと転換しています。

  • 精神的豊かさ
  • 生活の質の向上
大切な事じゃないですか。

公立の学校で給食を出すのって、
21世紀の今、

最低限の生活の質

を維持する事でしょう。

今より貧しかった
高度経済成長期だって、
給食は出てたんですよ?

財政が厳しいから、
子どものご飯が出せないなんて、
たとえ報告がなくても、
判明次第即座に取りやめるべきでした。

結局、末松則子市長は表面的なことしか言ってないのね

って思われちゃったと思います。

鈴鹿市の市民と日本国民にね。

確かに教育委員会のせいだったんでしょうが、
末松則子市長には今後、
リーダーシップを持って市を引っ張ってもらいたいです。

ちなみに、
みんなが↓の本の著者ほど稼げれば、
給食なんていらないですけどね。

自由な人生を手に入れる教科書
(期間限定ダウンロード無料)

様々な試行錯誤の末、
インターネットで大金を稼げるようになった人の話です。
  • Amazonで1位
  • 評価も4.5
なので、決してつまらない本じゃないですよ。

電子書籍なので、
スマホ・PCですぐに読めます。

興味があれば↓からダウンロードをどうぞ。

自由な人生を手に入れる教科書

 - 人を調べる