しらべぶ

気になったニュースを調べてシェアするしらべぶ

*

内藤やす子が闘病生活告白!脳出血による認識障害・記憶障害って?

内藤やす子が闘病生活告白!認識障害・記憶障害はこんなに怖い!
内藤やす子が自身の闘病生活を告白しました。

何でも彼女は、
2006年の5月に、
脳出血で倒れたんだそうです。

福島県福島市内の
ホテルでディナーショーをしている
最中だったそうですよ…。

この脳出血によって、

  • 記憶障害
  • 認識障害
  • 失語症
  • 右半身マヒ
という4つの後遺症と、
闘わなければいけなかたんだとか。

これを聞くだけでも、
壮絶ですよね…。

今回は内藤やす子の
闘病生活告白について取り上げます。


Sponsored Link

闘病生活を告白した内藤やす子ってどんな人?

内藤やす子(本名: 泰子)は
ベテランのJ-POP歌手で、
1950年9月28日に、

神奈川県横浜市本牧

に生まれました。

彼女が生まれてすぐに、

東京都板橋区

に引っ越して、
ご家族は新聞販売店を始めました。

幼い頃から、
三味線・長唄を習っているんです。

お母さんも浪曲師だったので、
その影響でしょうね。

内藤やす子は中学生の時に演歌歌手・浪曲師の

二葉百合子

の弟子に入ります。

三年で辞めてしまうんですけどね。

その後、17歳の時に、
アマチュアのロックバンドボーカルになります。

この頃には、
良くないものも覚えたそうですよ。

内藤やす子に転機が訪れたのは、1976年。

想い出ぼろぼろという曲で、
その年の新人賞を総なめにするんです。

その後、
大麻不法所持で逮捕されますが、
その後見事に復帰。
  • 六本木ララバイ
  • あんた
といった曲が大ヒットします。

プライベートでも伴侶に恵まれ、
1995年に21歳年下の、
オーストラリアン人のマイケルさんと結婚をしています。

しかし、
内藤やす子はこの時期、
  • 浴びるほどの酒
  • 1日5箱のタバコ
で身体を痛めつけていたのでした。

こういったことが無ければ、
内藤やすこが闘病生活を告白する事はなかったかもしれません。

Sponsored Link

壮絶!内藤やす子の闘病生活!!

右半身マヒについては、
搬送された病院でのリハビリ生活が
良かったせいか、すぐに完治しています。

内藤やす子が告白した
闘病生活が壮絶なのは、
  • 記憶障害
  • 認識障害
の2点についてです。
  • 自分が内藤やす子だと分からない
  • 自分が歌手だと分からない
  • 旦那のマイケルさんが分からない
という状況だったそうです。

それら全てから、
内藤やす子が回復したのは、

倒れてから5年後

のこと。

その間、
内藤やす子の看病を懸命にしたのが、
のマイケルさんだったのです。

こういった状況は、
当人である内藤やす子も
つらかったでしょうが、

夫のマイケルさんの献身的看病も、
そうとう大変だったでしょう。

闘病生活を告白した内藤やす子。

今後はマイケルさんと、
なかむつまじく過ごしてほしいですね。

Amazon1位がいまだけ無料

記事を最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

Amazon1位の本を無料でダウンロードしてください^^

自由な人生を手に入れる教科書

 - 人を調べる