しらべぶ

気になったニュースを調べてシェアするしらべぶ

*

【脱ゆとり】ゆとり教育に決別を!馳浩文部科学相が発表!

【脱ゆとり】ゆとり教育に決別を!馳浩文部科学相が発表!
ゆとり教育決別することを、
馳浩文部科学相が発表しました。

「ゆとりですがなにか?」

なんてドラマもやってますが、
ゆとり教育を受けた世代って
犠牲者ですよね。

当時の大人が勝手に、
詰め込み教育」はダメだ!

って決めて教育方針を
変更したのに、
ゆとり世代だなんてバカにされて。

本人達からしたら、

冗談じゃねーよ!

って話だと思いますよ。

それはともかく、
ゆとり教育に決別を発表したのは、
良いことだと思います。

勉強、大切ですからね。

ということで、
馳浩文部科学相が発表した、
ゆとり教育への決別を取り扱います!


Sponsored Link

ゆとり教育への決別って何するの?

文部科学省もちゃんと、
ゆとり教育学力低下
招いたことは分かってるんです。

教育の強靱(きょうじん)化に向けて

という文書を公表して、
学力の質を高めるなどの方針を打ち出しました。

「強靭化」って言い方が、
なんだか、おどろおどろしいです。

軍隊を鍛えるんじゃないんだから、
もうちょっと柔らかい言い方できないのかな。

内容としては、

知識と思考力をバランスよく育む

ってものになるそうです。

具体的に
何をするのかは分からないけど、
今回発表したのは「方針」ですからね。

今後、具体案が出てくるんでしょう。

脱ゆとりって言い方がむかつく

ところで、

脱ゆとり

って言い方、
むかつきませんか?

ゆとり教育って、
大人が子供たちに
勝手に押し付けたものですよ。

ゆとり世代の人たちは、
実際に教育を受け終えてしまったのに、
彼らが悪ものとして扱われている感じがします。

ゆとり教育政策を押し付けた大人の責任を猛省します

みたいな言い方にすれば良いのに。

ちょっと長すぎますかね。

Sponsored Link

ゆとり教育の改定は遅すぎないか?

ところで、
今回発表された改定って、
随分と先の話なんですよ。

平成32年から順次実施される
次期学習指導要領で、
学力の質を高めるんだそうです。

この記事を書いているのが、
平成26年なので、
6年も先の話ですよ。

6年も経ったら、
今の小学1年生が、
小学校卒業しちゃいますよ。

ゆとり教育に問題があると
文部科学省は認識してるんだから、
来年からでも指導要領を改訂すれば良いのに。

文部科学省の役人たちって、
バカなんじゃないですかね。

東大とかの良い学校を
出ているはずなんですけどね。

結局、急激な変化を起こすのが、
面倒くさいんでしょうね。

こうなると、
受けた教育のレベルだとか、
あまり関係無い気もします。

東大出ていても、
無能は無能です。

世代とかも関係ありませんね。

ということで、
脱ゆとりが発表されましたが、
ゆとり世代の方々はあまり
気に病まないで下さいね♪

 - ニュース