しらべぶ

気になったニュースを調べてシェアするしらべぶ

*

大阪市営バスの震災支援に称賛の嵐!思わず落涙必至!

大阪市営バスの震災支援が凄い!思わず落涙必至!
大阪市営バスの震災支援が凄いと、
話題になっています!

この記事を書いているのは、
2016年3月11日。

あの震災から5年が経ちました。

東日本大震災に関するニュースが
飛び交っていますが、
大阪市営バスの震災支援もその一つです。

今回は、
大阪市営バスの震災支援を取り上げます!

Sponsored Link

大阪市営バスの震災支援とは?

大阪市営バスと言えば、
大阪市内を走るバスですね。

そう、普段はそうなんです。

でも、東日本大震災の時、
大阪市営バスが震災支援をしていたのを、
あなたは知っていましたか?

大阪バスは、支援物資を満載して、
高速道路を使わずに
震災後48時間で被災地に運びました。

到着後は現地の人員輸送部隊として
活躍しているんです。

大阪から東北ですよ?
東海地方、関東地方を通過して、
東北の支援に当たるなんて滅茶苦茶
良い話じゃないですか?

大阪市営バスの震災支援、何が凄い?

まず、移動した距離が凄いですよね。

あと、東日本大震災があった直後に、
大阪市営バスを震災支援に使うと決定した、
行政側も素晴らしいですよ!

たまには行政も、
適切な判断を下すんですね。

大阪市営バスが仙台に向かえたのは、
政令市である大阪市と仙台市の
都市間連携があったからのようです。

僕は橋下徹の大阪都構想のことは、
良いか悪いか分かりませんけど、
彼が市長だったら、
この支援は実現しなかったでしょうね。

Sponsored Link

大阪市営バスが赤字だからって切り捨てちゃダメ!

大阪市営バスのように、
公共インフラは非常時に有用に機能するんですよね。

赤字だから切り捨てる、
って話も出てしまったけれど、
公共事業は株式会社じゃないんだから、

簡単に切り捨てちゃダメですよね。

大阪市営バスは赤字かもしれない。

他の公共交通も赤字のところはあるでしょう。

でもだからって、
切り捨てはダメですよね。

民間企業だったらたぶん、
大阪から仙台への復興支援なんて
やりませんから。

大阪市営バスの話には、
感動しましたよ。

あんな震災は二度と起きて欲しくないけど、
非常時には公共交通を活用できる、
そんな日本であって欲しいですね。

市営バスを応援したところで、
おすすめ本の紹介です。

Amazonの総合ランキングで1位を取った本が、
今だけ無料でダウンロードできます。

著者の唱える自由な人生は一読の価値あり!

スマホ・パソコンで気軽に読めます。

ダウンロードは↓からどうぞ。

自由な人生を手に入れる教科書

 - ニュース